海・山・まち

Have a good trip

山へ“ぎゃん”


#冬

地域にひっそりと佇む小さな眼鏡橋

2022.02.04

三角町

2月初旬の冷え込みが厳しい朝でしたが
石橋フェチの友人に誘われて三角方面にぶらり石橋巡り

くまもとは石橋の架設が日本一だと皆さんはご存じですか?

石橋を語るには種山石工まで遡ることになりますが
まだ石橋にハマった初心者なので
ここはもう少し知識を習得してからお話しできたらと思います

実は宇城エリアにも小さな眼鏡橋が点在しておりまして
手始めに三角編として
ご紹介致しましょう

三角町大口地区に残る宮の前と下に2基
大口神社近くに残されています
大口川は水量少ないですが橋の周り
地区の方々が美しく整備されております


次に底江の一本杉を目指し車を走らせると
大きな杉の木の傍らに水神様が祀られ
水が湧き出ておりました
水神様から右下に下ると
底江若宮神社橋があり
橋を渡り小径を上ると若宮神社に突き当たります

境内がきれいに整備され
地区の皆さんの愛情を感じる場所でした

そこから中村地区に移動
専行寺の前に専行寺門前橋
すぐ隣に夏越神社橋がありました

午前中のほんのわずかな時間で5基の石橋を愛でることが出来
友人たちに感謝
益々石橋の魅力にとりつかれ

小川編、松橋編、松合編と続く

Uki tripアンバサダー 野村 美晴


各地区とても道幅が狭い場所にございます、
車の駐車場所にご注意くださり
分からないときは地元の方々にお声がけください

また写真撮影は危険を伴いますので足元に気を付けて
頂きますようお願いいたします

大口地区、底江地区、中村地区ともに国道266から
天草方面に向かって右手になります

底江若宮神社橋

底江若宮神社

底江の一本杉横にある水神様

底江若宮神社

大口地区の宮ノ下橋

郡浦川に掛かる専行寺門前橋